文字の大きさを変える
お問い合わせ/資料請求/各種申込
電話番号
ホーム > 働きたい > 

後輩へのメッセージ

〜社会人となった私から後輩へメッセージ〜

山田 慎吾

社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘

介護職主任 山田 慎吾(やまだ しんご)


2008年3月
アイビー医療福祉専門学校 介護科 卒業
2008年4月
社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘 入社
現  在
社会人 7年目
高齢者の方々に自分が少しでも手助けできることはないかと思い、この仕事を選びました。ところが、働くうちに、自分が手助けするのではなく、ご利用者の方々から学ばせていただいていると感じることが多く、気づきある人に成長させていただいているのだと理解しました。自分が高齢者との関わりの中で、仕事の楽しさを学び、自分自身の成長にも繋がるこの仕事を誇りに思っています。

〜社会人となった私から後輩へメッセージ〜

吉野 めぐみ

社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘

管理栄養士 吉野 めぐみ(よしの めぐみ)


2011年3月
畿央大学 健康科学部 健康栄養学科卒
2011年3月
社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘 入社
現  在
社会人 4年目
施設での仕事を通して、「食事環境」の大切さを改めて感じました。どれだけ栄養バランスの整った食事を準備しても、食べて頂けなければ意味はありません。どんなお皿に盛り付けるのか、どんな場所で食べるのか、誰と食べるのか、環境次第で食事の楽しさは変わります。美味しい食事の提供はもちろん、楽しい「食事環境」の提供で身体の健康だけではなく、精神の健康もサポート出来るよう心掛けています。 

〜社会人となった私から後輩へメッセージ〜

小笹 恭志

社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘

介護職員 倉本 留実(くらもと るみ)


2011年3月
啓新高等学校 福祉科 卒業
2011年4月
社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘 入社
現  在
社会人 4年目
中学生の頃から福祉の仕事に興味を持ち、高校は福祉科へ、そして一層気持ちが強まり、渓山荘へ就職しました。仕事をして、ご利用者と関わる中で、いかにコミュニケーションをとることが大切か、信頼関係を築くことでその方の思いや小さな変化にも気付くことが出来るということを学びました。自分を成長させてくれるご利用者・先輩方に感謝の気持ちを忘れず、生活の場として安心できるサービスが提供出来るよう常に心掛けています。

〜社会人となった私から後輩へメッセージ〜

小笹 恭志

社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘

介護職員 西嶌 彩華(にしじま あやか)


2012年3月
若狭医療福祉専門学校 介護福祉科 卒業
2012年4月
社会福祉法人 敬仁会 特別養護老人ホーム 渓山荘 入社
現  在
社会人 3年目
自分の趣味である音楽を活かしたい!と思い、渓山荘に就職しました。
渓山荘職員によるケイジンバンドに参加させて頂いたり、レクリエーションの一環として、施設内でのボランティアライブなどを行っています。渓山荘では、自信の強みを活かし挑戦する、という機会が与えられ、応援・サポートして下さいます。何事にも“挑戦する”という気持ちを持って、仕事に取り組むことが大切だと思います。